So-net無料ブログ作成

葉っぱの小皿 その3 [陶芸]

葉っぱの小皿、続きます。
今度はお花。

クレマチスがとってもきれいに咲いていたので、あ、これを押したい、と
突然その気になって、慌てて粘土をのばして、
ろくに考えずにぺったん。

IMG_2789.JPG

クレマチスのお花、結構大きいんです。
なので、お皿もかなり大きくしなくてはならなくて、手持ちの粘土がたらなくて、
とにかく伸ばしただけ、とっても適当。
お皿というより、陶板?でも飾るにはあまりにも適当すぎ。。
押してみました、押せました、というのが収穫です。^^;

ベリーの実もつけてみました。
花も実も本物ではなく、丸いのでとんとん押しただけ。

IMG_2799.JPG


これで、葉っぱの小皿ブームはひとまず収束。
作品としては大したものはできなかったけど、なんか、色々試して満足。^^

おまけ
IMG_2805.JPG
ルドゥテの絵みたいでしょう?
そっくりなのが、あったような気がする。?

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 2

sknys

クリムトは8匹のネコを飼い、アトリエの庭に咲く薔薇の手入れをしていた。
カラフルな花々は女性たちの肖像画や風景画にも描かれていますが、
大好きなネコも自画像も描くことはなかった。
ネコ好きの画家バルテュスやレオノール・フィニは描いているのに
‥‥不思議にゃん^^;
by sknys (2019-07-21 14:01) 

ぶーけ

クリムト、猫が好きだったんですか?
猫の絵、似合いそうなのにね。
抱擁してる恋人の足元とかにいたらよさそうなのに。
薔薇模様で。^^

by ぶーけ (2019-07-25 12:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。